至福のコーヒーを求めて|カプセルコーヒー - ネスプレッソ

ネスプレッソでコーヒーを

至福のコーヒーを求めて

上質のコーヒーは偶然の産物ではありません。皆様にご満足いただけるよう、コーヒーチェリーからコーヒーを味わう瞬間まで、ネスプレッソのコーヒーを創り出すすべての段階においてその高い専門性を発揮します。

詳細を見る

上質のコーヒー作りにおいて
ネスプレッソは絶え間ない努力を重ねています。


至福のコーヒーが偶然にできることはありません:ネスプレッソの理念に従って、一貫して、妥協せず、一杯一杯に時間と手間をかけて創っています。

豆から一杯のコーヒーになるまでの複雑な工程には、より短時間で、安価な方法があります。
しかしながら、ネスプレッソは、一粒の欠点豆が全体をだめにしてしまうことを知っているので、最後の一粒に至るまで、工程のあらゆる段階で細部まで配慮を尽くして品質を管理しています。

コーヒーをグラン・クリュと呼ぶのはなぜ?


私たちのコーヒーに対する考え方にたいへん近い農産物のコンセプトとして、ワインの世界に倣いました。
ワイン業界で、グラン・クリュといえば、品質が非常に優れたクラスのワインであることを示します。

一杯の素晴らしいコーヒーをお届けする約束を実現するための唯一の出発点は、優れた原料を見つけることだと考えています。ネスプレッソは、私たちのグラン・クリュを構成するのに欠かせない、厳しい水準と特別な味わいを満たす高品質なコーヒー生産地を探すことから始めます。

調達に対する責任


私たちの取り組みにおいて、コーヒーの木やコーヒーを取り巻く環境に配慮する「持続可能性」という観点は不可欠なものです。

コーヒーの将来的な問題に取り組むため、2004年、非営利団体「レインフォレスト・アライアンス」と共に、ネスプレッソAAAサステイナブル・クオリティ(持続可能性品質)™プログラムを立ち上げました。
この取り組みは、ネスプレッソが高品質なコーヒー豆の生産を維持する一方、コーヒー農家の生活水準向上と環境保護を進めています。
更に、このプログラムを通しコーヒー農家との長期的関係を築き、継続的支援を行っていきます。

クリス・ウィル

ネスプレッソの認定制度は、多くのコーヒー農家とその家族、環境にプラスの影響を与えています。

AAAサステイナブル・クオリティTMプログラム

品質

高品質なコーヒー

持続可能性

自然環境

生産性

コーヒー農家との長期的関係

上質なテロワールでの
収穫品質

Coffea Rubiaceae(コーヒー属アカネ科)の木の実、コーヒーは、熱帯地方で栽培されます。

ワイン同様、上質のコーヒー豆もテロワールの特徴を反映します。土壌、天候条件、品種、地形、標高条件の構成の成果です。
コーヒーの木の実はおいしそうな赤い色であることから「チェリー」と呼ばれ、熟すとサクランボのような形になります。他の果実と同様、コーヒーも、完全に熟した実を収穫すれば、素晴らしい味になります。

フアン・ディエゴ

ノウハウと近代的技術を融合させた熟練の技で優れた品質を実現

コーヒーはチェリー

同じ枝の豆が同時に熟すとは限らないため、その都度、熟した実だけを摘み取ります。
熟した実だけを確実に摘み取るために、ネスプレッソのグラン・クリュの生産で使用されるコーヒー豆の大部分は、手摘みによって摘み取られます。
費やす時間も費用も増しますが、未熟豆や熟しすぎた豆が混ざることがなく、この手摘みがコーヒーの品質を保証するのです。

ワインのブドウのように

フランス語の「terre」(土壌)から派生したテロワールとは、栽培環境として標高、土壌組成、気候条件(気温、降水量、日照、湿度など)が類似する特定の地域を示します。

土壌

標高

緯度

降水量

日照

すべての豆が同じ品質であるとは限らない… ネスプレッソならではのコーヒーの選別


すべての豆が同じ品質であるとは限らない… ネスプレッソならではのコーヒーの選別

すべての豆が同じ品質であるとは限らないので、焙煎する膨大な豆をすべて一粒ずつ選別します。一連のトレイを用いて、まずは大きさ、次に密度によって分類します。

生豆の等級付けの最終段階では、手作業と電子機器を両方用いて色で選別します。豆の大きさと密度が適正であっても、傷ついた豆や未熟な豆である場合に、色で識別できるためこの工程が必要です。

確実に等級付けするほど、豆の品質が等しくなり…均一に焙煎され、最終的にはよりバランスの良い一杯になります。

農園からカップに至るまでコーヒー作りの旅の全過程を通じて品質を守ることが必要であるため、物理的な検査と味わいの検査を、繰り返し体系通りに行います:産地でコーヒーを袋詰めする前、船または航空便で輸送する前、そしてヨーロッパ到着時に再び行います。最終チェックによって、上質とみなされた豆のみが選ばれます。

ネスプレッソ品質のスペシャリスト

ネスプレッソの各種グラン・クリュには、世界中の高品質な豆だけが選ばれます。
調香師が原料の調和を把握するのと同様に、ネスプレッソのマスター・ブレンダーがアロマの組み合わせを考案します。

グラン・クリュは、ブレンドの構成によって生み出されますが、その作業はまるで不思議な錬金術のようです。
ネスプレッソのブレンダーは徹底した研修、試験を受け、品質を特定する能力についての認定を受けます。
その後、4か月ごとに再認定を受けています。感覚による評価では、物理的特徴のみならず、品種、テロワール、栽培中の手入れまでも味わいへと結びつけているようです。

スイスに戻ると、グラン・クリュは、ブレンド構成によって生み出されますが、その作業はまるで不思議な錬金術のようです。
独特の個性(アロマ、フレーバー、ボディなど)に関して特定の原産地を選び、傑出した個々の持ち味を際立たせるよう考案した割合でブレンドを組み立てていきます。
調香師が原料の調和を把握するのと同様に、マスター・ブレンダーが香りとフレーバーの変化を把握します。26年以上、このような技を磨いて、ネスプレッソ品質の創造は熟練の域に達したのです。

品種の微妙なブレンド具合によって、豊かなフレーバーが生まれますが、それぞれが際立つ個性に影響を与えています。
商用コーヒーの2大品種、アラビカ種とロブスタ種は、それぞれがブレンドに明確に異なる個性をもたらします。
2つの品種ともに、高水準の物理的検査、感覚的検査、そして持続可能性基準の検査に合格しなければなりません。
アラビカ種はコーヒーに繊細さ、酸味、清澄さ、上品さをもたらし、ロブスタ種は重み、ボディ、口当たり、コーヒーのアロマを加えます。
ネスプレッソでは90%~95%のアラビカ種にロブスタ種を使用しており、それはグラン・クリュを選択する際のスパイスになったり、ユニークな個性を創り出したりもしています。

テロワール固有のアロマを引き出す、テロワールごとの焙煎方法


焙煎と粉砕(グラインド)は、グラン・クリュの完成に向けて極めて重要な工程です。この工程で生豆の全体的なフレーバーと潜在的なアロマを引き出します。

焙煎方法が適切か否かは、ブレンドに適した時間、温度やその他の要因を見つけ出すことにかかっています。適切な焙煎によって、原産地由来の個性を十分に発揮できるようになります。焙煎が適切でないと、上質のコーヒーの品質を損ないかねません。
熟練の技によって、あらゆる成分の長所を引き出し、原産地固有の特性を調和させ、コーヒーが独特の個性を発揮できるようになるのです。
このような理由から、ネスプレッソでは、ブレンドごとにふさわしい焙煎方法を開発しています。

ふさわしいグラインドで望ましい抽出を


最終的に、粉砕(グラインド)によって、コーヒーのアロマを解き放つことを可能にさせるので、グラン・クリュ体験をお届けする上での重要な工程です。したがって、粉砕技術に熟練することは、抽出を最適化し、カップのコーヒーの品質を向上させることにつながります。

コーヒーの種類またはブレンドによって、抽出が異なるので、粉砕方法は一律ではなく、様々で、高度に個別化され、各種グラン・クリュの一杯が上質なものとなるように設定されています。

鮮度を保持:
カップから立ち上るアロマを確保


鮮度保持以外にも、アルミニウムは繰り返しリサイクルが可能な素材です。ネスプレッソの研究開発では、確保しようと懸命に取り組んできたアロマを閉じ込めるのみならず、環境にもやさしい素材の選択を確実に行うことをめざしています。一次生産のアルミニウムと比較して、アルミニウムのリサイクル製品では、エネルギーの消費が5%と少なく、温室効果ガスの排出もわずか5%です。

ネスプレッソは、鮮度の保持に適した方法として密閉性のアルミカプセルを開発

コーヒーの800種類以上の揮発性のアロマを保つ、十分な遮断能力を求めてアルミカプセルを採用しました。
この方法で密封すると、酸化を防ぎコーヒーの鮮度を十分に保持することができます。
カプセル封入の途上でコーヒーが酸素に触れないようにするため、焙煎の完了以降の工程は管理環境の下で行われます。

抽出は、お客様にお届けする前の最終的な品質工程です。 ネスプレッソの抽出システムでは、妥協のない探究心により選りすぐられたコーヒー豆を焙煎、粉砕し、高圧力で抽出するマシンとの融合技術によって、それぞれの個性豊かなアロマを引き出します。
言いかえれば、これまでに行ってきたすべての取り組みは至福の一杯をお届けするためのプロセスなのです。
専用のコーヒーメーカーにより、適切な水温、分量、圧力で抽出されたコーヒーは、グラン・クリュと呼ぶに相応しい品質をお届けします。

バラエティ豊富なグラン・クリュセレクション

  • インテンソ
  • エスプレッソ
  • ルンゴ
  • シングルオリジン
  • デカフェ(カフェインレス)
  • フレーバーコーヒー

複数の産地の豆をブレンドした、力強い味わいのシリーズは、ショートカップのリストレットカップ(約25 mL)、またはエスプレッソカップ(約40 mL)でお楽しみください。

  • カザール

    ネスプレッソのために特別に用意された、ブラジル産とグアテマラ産のロブスタ豆を大胆にブレンドし、別にローストしたアラビカ豆を加えたカザール。極めて力強い味わいが特徴のコーヒーです。そのしっかりとした苦みとスパイシーなアロマが、濃密でクリーミーな口当たりと合わさり、絶妙なバランスを生み出します。

  • ダルカン

    中米産、アジア産のアラビカ豆をブレンドしたダルカンは、低温で長時間焙煎することにより、その特徴が十分に引き出されています。その力強い個性は、なめらかな口当たりの中に感じられる、ローストの力強い風味とビターココアパウダーやトーストしたパンのようなほのかな香りを際立たせます。絶妙なバランスと心地よい苦みが口の中に残ります。

  • リストレット

    強い風味とボディを持つリストレットは、ブラジルなどの南米産のアラビカ豆に、少量のロブスタ豆を加えることでシャープをプラス。時間をかけて豆を別々にローストすることにより、香りにコントラストが生まれ、ほのかなフルーティーな香りとかすかな酸味、そして強い焙煎香とチョコレートのような香りが結びつきます。

  • アルペジオ

    アルペジオは、中南米産のアラビカ豆のブレンドが、独特の個性とフルボディを生み出します。長時間ローストすることで、その特徴的なアロマである焙煎、木のような香り,ココアのような香りが引き出され、深い味わいが生まれます。

  • ローマ

    味わいの力強さ、繊細さ、豊かさを絶妙なバランスで兼ね備えたローマは、木のような香りとローストの風味が特徴です。中南米産のアラビカ豆とロブスタ豆のブレンドを浅くローストすることで、繊細なアロマを保ちます。少量で楽しむマイルドなエスプレッソをお探しの方にぴったりです。

マイルドでまろやか、そしてバランスの取れた4種類のフレーバーは、エスプレッソカップ(約40 mL)でお楽しみください。

  • リヴァント

    中南米産のアラビカ豆をブレンドしたリヴァントは、ミディアムローストで仕上げることで、まろやかでバランスのよい香りが生まれます。ロースターから立ちのぼる、焙煎したてのコーヒーの香りを想わせます。焙煎香とカラメルのような香りをお楽しみください。

  • カプリチオ

    カプリチオは、かすかな酸味ときわめて特徴的な穀物のような風味を持つバランスのとれたエスプレッソです。南米産のアラビカ豆を絶妙なバランスで配合し、軽くローストしたロブスタ豆をほんの少し加えたブレンドです。

  • ヴォリュート

    ヴォリュートはまろやかなボディを持ち、甘いビスケットのような香りとフルーティーな香りが特徴です。ブラジル産とコロンビア産のアラビカ豆を軽くローストすることで、繊細さを引き出しています。

  • コズイー

    東アフリカ産と中南米産のアラビカ豆のブレンドです。よりマイルドで、繊細、かつバランスのとれた味わいに仕上がっています。軽くトーストされた穀物のような香りと、かすかに感じられるフルーティーな香りが特徴です。

様々な味わいをお届けする3種類のグラン・クリュの味わいの強さは特別に考案されたもので、ルンゴカップ(約110ml)でお楽しみください。

  • フォルティシオ・ルンゴ

    コーヒーが帆船で輸送されていた時代から、インドのマラバール地方のアラビカ豆は収穫後、モンスーン(季節風)にさらされることで、豊かな穀物のようなアロマを伴った、独特な個性が生まれます。南米産のアラビカ豆をブレンドすることで、真の力強さを持つルンゴが誕生しました。このフルボディのルンゴは、濃厚なアロマを持ち、甘美な穀物のような香りや麦芽の焙煎香が特徴です。口当たりがまろやかでなめらかなため、しっかりとしたコクの中に心地よい苦みをお楽しみいただけます。

  • ヴィヴァルト・ルンゴ

    南米の高地で栽培されたアラビカ豆と、東アフリカ産のアラビカ豆を絶妙にブレンド。複雑ながらバランスが取れています。ヴィヴァルト・ルンゴは、焙煎香とほのかな花のような香りが結びついています。別々にローストすることで、それぞれの生豆本来の特徴が引き立ちます。

  • リニツィオ・ルンゴ

    ブラジル産とコロンビア産のアラビカ豆をブレンドしたリニツィオ・ルンゴは、まろやかさに富んでいます。それぞれの豆を別々にローストすることにより、マイルドさとなめらかさを保ちながら、麦芽のような、穀物のような香りを放ちます。

ユニークで個性が際立つ3種類のエスプレッソ(約40 mL)と1種類のルンゴ(約110 mL)。ネスプレッソのコーヒーエキスパートがテロワールにこだわり、単一原産国から選んだ豆を使用しています。

  • インドリヤ

    力強いボディが特徴のこのエスプレッソは、南インド産のアラビカ豆とロブスタ豆のブレンドです。短時間で一気にローストすることで、ココアのような香りと、グローブやペッパー、ナツメグのスパイシーな香りが引き立ち、その強い個性が調和します。インド原産のインドリヤは、リストレットカップ(25nl)でお召し上がりいただくと、その力強い個性がより際立ちます。 [生豆生産国名: インド]

  • ロサバヤ

    口当たりのやわらかさをベースにした、コロンビア産アラビカ豆のブレンドです。赤いフルーツと、ワインを想わせる香りがこのコーヒーの特徴です。コロンビアの小規模な農園で育ったコーヒーは、手摘みした後、水洗式で精製されます。2種類のアラビカ豆を別々にローストした後にブレンドすることにより、フルーティーな香りと酸味が引き立ち、コーヒーにボディが生まれます。 [生豆生産国名: コロンビア]

  • ダルサオ

    ダルサオは、赤と黄色のチェリーから採れたブラジル産ブルボン豆を絶妙にブレンドしたアラビカコーヒーです。トーストした穀物のような、独特の香りを持っています。半水洗式で精製することで、ゼリー状の糖分が豆にほのかな甘みを与えます。精製後、別々にローストすることにより、エレガントでバランスの良い、なめらかな甘さとともに、軽くトーストした穀物のような香ばしさが引き立ちます。 [生豆生産国名: ブラジル]

  • ブケーラ・ルンゴ

    この繊細なルンゴは、木のような香りと共に、ジャスミン、ホワイトリーベルガモット、オレンジブロッサムを連想させる花のような香りを放ちます。コーヒー発祥の地であるエチオピアで栽培された、異なる特徴を持つ2種類のアラビカ豆をブレンドしました。それぞれの豆は別々に焙煎しており、一つは短時間で深煎りにしてボディを引き立たせ、もう一つは長時間浅煎りにして繊細な香りを残します。 [生豆生産国名: エチオピア]

真のネスプレッソコーヒー、カフェイン除去の工程で、それぞれの芳醇なアロマとオリジナルの個性はそのまま保持しています。

  • Arpeggio Decaffeinato

    アルペジオ・デカフェには、アルペジオ本来の独特な個性とフルボディがそのまま受け継がれています。中央アメリカ産と南アメリカ産のアラビカ豆のブレンドならではの、強いココアのような香りと焙煎香をオリジナルと変わらずにお楽しみいただけます。
     

  • Volluto Decaffeinato

    ヴォリュート・デカフェには、ヴォリュート本来の豊かな味わいとまろやかなボディがそのまま受け継がれています。厳選された上質な南米産アラビカ豆を別々に浅くローストすることにより、それぞれの個性が引き出され、甘いビスケットやみずみずしいフルーティーな香りが際立ちます。コーヒー特有のアロマは、カフェイン抽出後もしっかり保たれますので、コーヒー豆本来の持ち味をいかした豊かなアロマをお楽しみいただけます。
     

  • Vivalto Lungo Decaffeinato

    複雑ながら絶妙なバランスのヴィヴァルト・ルンゴ・デカフェヴィヴァルト・ルンゴ本来の豊かな個性をそのままに、香ばしく、かすかな木のような香りに、甘い穀物とほのかな花の香りが重なります。南米や東アフリカなど、複数のオリジンからの良質なアラビカ豆のブレンドです。コーヒー特有のアロマは、カフェイン抽出後も保たれますので、コーヒー豆本来の持ち味をいかした豊かなアロマをお楽しみいただけます。
     

  • Decaffeinato Intenso

    南米産のアラビカ豆に少量のロブスタ豆を加え、深くロースト。しっかりとコクのあるカフェインレスのエスプレッソで、ほのかな ココアと香ばしい穀物のような香りを届けます。

グラン・クリュ、リヴァントをベースにした、上品なアロマでフレーバーをプラスした3種類のグルメバリエーション。ショートカップ(約40 mL)でお楽しみください。

  • ヴァニリオ

    ヴァニリオは中南米産アラビカ豆のブレンドであるリヴァントをベースとして作られる、まろやかで非常にバランスのとれた香りを放つコーヒーです。豊かでなめらかなバニラの風味とシルクのようなやわらかい口当たりが特徴です。 バニラ風味香料使用

  • チョカティーノ

    チョカティーノは中南米産アラビカ豆のブレンドであるリヴァントをベースとした、まろやかで非常にバランスのとれた香を放つコーヒーです。ダークチョコレートの豊かな香りが、リヴァントのもつ焙煎香と非常によいハーモニーを生み出します。 チョコレート風味香料使用

  • キャラメリート

    キャラメリートは中南米産アラビカ豆のプレンドをベースとして作られる、まろやかで非常にバランスのとれた香りを放つコーヒーです。キャラメルの甘い香りが焙煎香を和らげています。この繊細なアロマの重なり合いにより生まれたコーヒーは、ソフトトフィーのクリーミーなまろやかさを想わせます。 キャラメル風味香料使用

上質にたどり着くまでに近道はありません。品質には妥協しません。品質は偶然もたらされるものではありません。
グラン・クリュコーヒーをもっと見る