ネスプレッソJP のウェブサイトに接続しています。他の国でのご利用を希望の場合はこちら linkへ。

  • ウェブ登録

ネスプレッソ モメント | NesEntity_JP

 

 

 

NEW NESPRESSO MOMENTO NEW NESPRESSO MOMENTO

  • NESPRESSO MOMENTO NESPRESSO MOMENTO
  • NESPRESSO MOMENTO NESPRESSO MOMENTO
  • NESPRESSO MOMENTO NESPRESSO MOMENTO
NESPRESSO MOMENTO NESPRESSO MOMENTO

NESPRESSO MOMENTO(ネスプレッソ モメント)は、多様化するオフィス環境や働き方にインスピレーションを受け、本格的でサステイナブル、そして高品質なコーヒー体験をお届けするためにデザインされたコーヒーマシンです。オフィスに集う人々を繋げ、コミュニケーションを円滑化し、多様化するビジネスシーンのニーズに対応するだけでなく、より簡単な操作で自分好みの至福の一杯を実現します。
また、シンプルでモダン、スマートなデザインで、ホテル、レストランのさまざまなインテリアにも馴染み、質の高いセルフサービスコーヒーとしても利用範囲が広がります。

MODULAR DESIGN

NESPRESSO MOMENTO NESPRESSO MOMENTO

NESPRESSO MOMENTO(ネスプレッソ モメント)は、製造の段階から持続可能性を考慮してデザインされています。耐久性のあるコンポーネントと修理・交換の容易な部品、リサイクル可能な梱包材と水やエネルギーを節約するデザインを採用し、環境への影響を最小限に抑えています。
抽出ユニットのモジュール自体が交換可能なため、修理時間の短縮をすることができます。また、付属の3L容量の水タンクによって、水道設備のない場所でも設置可能。従来のネスプレッソ プロ用マシン以上に使用場所を選択いただけるようになりました。

MODULAR DESIGN

EASY OPERATION EASY MAINTENANCE EASY OPERATION EASY MAINTENANCE

最先端のテクノロジーを搭載したNESPRESSO MOMENTO(ネスプレッソ モメント)は、専用のコーヒーポッドを挿入すると、自動でコーヒーの種類を判別し、ディスプレイモニターでおすすめのカップサイズ、アロマと味わいの強さを表示し、初めての方も迷わず簡単に美味しいコーヒーが抽出できます。また、エスプレッソ(約40ml)やルンゴ(約110ml)はもちろん、マイルドな味わいがお好みの方には、アメリカーノ(約150ml)も選択いただけるようになりました。

EASY OPERATION EASY MAINTENANCE EASY OPERATION EASY MAINTENANCE
タッチパネルのディスプレイ例
タッチパネルのディスプレイ例 タッチパネルのディスプレイ例
タッチパネルに表示されるガイダンスに従い、簡単な操作でおすすめの味わいでコーヒーがいれられます。
水タンクや使用済みポッドコンテナなどのマシンエラーの内容をタッチパネルで表示します。

MOMENTO 100 / 200

  • リストレット、エスプレッソ、ルンゴ、アメリカーノが楽しめる。
  • 使用するコーヒーに最適なレシピを推奨し、アロマや味わいの強さに関する情報を付属ディスプレイで自動的に表示。
  • 抽出ユニットのモジュール交換が可能な構造により、修理時間の短縮を実現。
  • 天面にカップウォーマー機能つき。
  • NESPRESSO MOMENTO 100
  • NESPRESSO MOMENTO 100 シングルヘッドコーヒー NESPRESSO MOMENTO 100 シングルヘッドコーヒー

    1. 電源:100V、50-60Hz
    2. 定格消費電力:1,150W
    3. 本体寸法(幅×奥行×高さ):300×500×420mm
    4. 水タンク容量:約3L
    5. 重量:約16kg
  • NESPRESSO MOMENTO 200(モメント 200)
  • NESPRESSO MOMENTO 200(モメント 200)ダブルヘッドコーヒー NESPRESSO MOMENTO 200(モメント 200)ダブルヘッドコーヒー

    1. 電源:単相200V、50-60Hz
    2. 定格消費電力:2,300W
    3. 本体寸法(幅×奥行×高さ):560×500×420mm
    4. 水タンク容量:約3L×2
    5. 重量:約28kg

ネスプレッソは、信用性や性能向上、法令の変更などを理由として、これらモデルまたは将来の製品の改良、仕様変更を予告なく行うことがあります。