インドネシア | アラビカコーヒー | ネスプレッソ

コーヒー一覧に戻る
マスターオリジン
マスターオリジン  インドネシア
 
 
 
  • 8
    味わいの強さ
  • エスプレッソ 40 ML
  • ルンゴ 110 ML
木のような香りと豊かな味わい
インドネシア
ウェットハルで精製されたアラビカ豆
 
「マスターオリジン インドネシア」は、雨の多い気候のもとで育まれたコーヒーです。多湿気候のスマトラ島で、生産者はウェットハルという加工法を用いて収穫したコーヒー豆を精製します。コーヒー豆は空気に触れるとすぐに乾燥するため、やわらかく湿っているうちにパーチメントを取り除きます。これはスマトラ島独特の方法で、ベルベットのように濃厚な口当たりと、野性的でスモーキーな香りを持つ伝統的なインドネシア・コーヒーの味わいを作り出しています。
  • 味わいの強さ8 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □
  • カップサイズエスプレッソ 40 mlEspresso
    ルンゴ 110 mlEspresso
  • アロマプロファイル木のような香り
  • 苦味3 ● ● ● ○ ○
  • 酸味2 ● ● ○ ○ ○
  • ボディ4 ● ● ● ● ○
  • 焙煎4 ● ● ● ● ○
ADD TO BASKET

オリジン:
インドネシア産アラビカ豆100%

  • インドネシア
「マスターオリジン インドネシア」に少量のミルクを加えてお楽しみください。ミルクを加えることで、力強いコーヒーの味わいとともに、ナッツや木のような香り、焙煎香を感じることができます。
  •  
  • 新定番コーヒー
    「マスターオリジン」
    シリーズ

    詳細こちら
詳細はこちら
オリジン
インドネシア産アラビカ豆100%
焙煎
このスマトラ産コーヒーには、スプリットロースティングという焙煎方法が施されています。中煎りと、それよりもわずかに浅い焙煎の2つに分けて焙煎することで、複雑で香り高いコーヒーを生み出します。
アロマの特徴
こうしたコーヒー精製方法や生産方法により、伝統的なインドネシア・コーヒーの味わいが生み出されます。「マスターオリジン インドネシア」は、濃厚で豊かなベルベットのようなコクと、スモーキーな香り、ほのかに立ち上る南国の木を想わせるアロマが感じられるコーヒーです。